【オススメ歪み】DNA Bass Dragger【ベースエフェクター】

みなさま、DNA AnalogicのBass Draggerと言うエフェクターをご存知でしょうか?なんやかんや、どんなレビューを見ても評価が高いです。

現在は生産終了となっていて購入出来るのは、もっぱら中古品となっているので、紹介しようか迷いました。

でも、いい感じの歪みを鳴らしてきやがるもんで、ご紹介致します(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コントロールについて

コントロールはいたってシンプル。

  • LEVEL
  • BOOST
  • BASS
  • TREBLE

の4つのみ。LEVELはボリューム・BOOSTは歪み具合・BASSは低音のブースト・TREBLEは高音のブーストと言った機能があります。

サウンドキャラクター

独特の歪み方をするベース用エフェクターです。

かなりモダンでダークな感じで、こいつを噛ますと音がやたらと図太く低音寄りのサウンドになります。

この低音は、太さがあって歪んでも芯があり、しっかり抜けてきます。速いフレーズを演奏した際も音が潰れてしまう事が無く、追従性も良いです。

高域は抑え目で、1kHzあたりの中域にいたっては完全にカットされているような印象です。(笑)

低域重視でのドンシャリって感じですかね。

音作りの幅は正直めちゃめちゃ狭い(笑)

それぞれのツマミの調整をもってしても基本的に音色はめっちゃ歪むか、クリーンかの二択です。

けれども!激しく歪ませても音の芯が損なわれないこの音は、他のペダルで再現することはできないでしょう。

えぐい歪みとクリーン

やはり出せる音はがっつり歪むか、がっつりクリーンかの二択です。

BOOSTつまみを”0-ゼロ-”に設定すれば歪み系エフェクターである事を忘れるくらい完全にクリーンでBASSとTREBLEをブーストできるプリアンプの様な使い方が出来ます。変わらず1kHzあたりがカットされている、クリーンなドンシャリが簡単に作れます。やっぱこう言うセッティングはスラップ奏法やメタルなどのゴリゴリの音楽に合う印象ですね。

BOOSTつまみを”0-ゼロ-”から少しずつ上げると、ある場所から急に歪みだします。

ほんと急に。(笑)なのでほんのちょっとだけ歪ませるって事が出来ません・・・

一応歪み具合の調整は出来ますが、如何せん急に激しい歪が出現します。「音色が気に入っているのに歪みすぎる!」って方は ”XOTIC ( エキゾティック ) の X-Blender” と合わせての使用をお勧めします!

音作りする上でどうしても気になってくるのが ”音痩せ” ・・・特にベーシストの大敵ではないでしょうか。激しい歪みを加えたりビンテージのエフェクターをかますと、音がやせ細って音圧がなくなったりしてしまいますよね。そんな時に活躍するのが、このプロの使用者も多い ” X-Blender ” です。音痩せ対策だけでなく様々な用途で駆使できるペダル型エフェクターをご紹介!!

原音からはかなりかけ離れた音色ですが、独特のシャリッとした歪がしっかりとした低音の芯を残して鳴るので音痩せの感覚ほほとんどなし!

これを「痩せてんじゃん」と思うなら激しい歪みはお求めにならない方がいいかも(笑)

高域の主張が激しいエフェクターでは無いので、ひどいノイズが乗る事もないです。

まとめ

指弾きでブリブリしたパンチのあるサウンドが欲しい方は是非探してみてください。中古オンリーですが1万強で出回ってるので値段的にはやさしいのではないでしょうか?

ベース用の歪み系エフェクターで重要されているのは ”低音痩せがない” ってことだと思いますが、その点このペダルは信頼できます!

最近はとても質の良いベース専用エフェクターがいっぱい有るんで、あとは好みの問題・・・イカツイ歪みをお探しであれば是非Bass Draggerも視野に入れて見てください!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする