【音痩せ対策】Xotic X-Blender【おすすめブレンダー】

ギターでもベースでも、音作りする上でどうしても気になってくるのが ”音痩せ” ・・・。

激しい歪みを加えたりビンテージのエフェクターを噛ませると、音がやせ細って音圧がなくなったりしてしまいますよね。

そんな時に活躍するのが、このプロの使用者も多い ” X-Blender ” です。

音痩せ対策だけでなく様々な用途で駆使できるペダル型エフェクターをご紹介!!

X-Blender

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




ブレンダーの役割って?

「ってかブレンダーってなんなん?」って方もいらっしゃるかと思います。

正直僕も最近知ったクチなんで、偉そうなことは言えませんが。(笑)

主な役割として ブレンダー は ”原音” (エフェクトを通さないナチュラルな音)と ”エフェクト音” (エフェクターを通した音)をブレンド(混る)するエフェクターの事です~。

深い歪みをかけると音が細くなってしまいがちです。

ベース専用エフェクターでは原音を混ぜる機能がついているものも多く出てきましたが、その機能が付いている物の音が気に入るとは限りませんし、音痩せするものの、お気に入りのビンテージペダルをお持ちの方もいらっしゃると思います。

そんなお気に入りの音をなるたけ音痩せさせずに使えるようにしてくれるのがブレンダーです!!

組み合わせるエフェクターに合わせて原音を調整できる。

どれだけ高性能なエフェクターでも繋げば繋ぐほど音は劣化していきます。

使用頻度が低いエフェクターでも、ただbypassしているだけで音に少なからず影響を及ばします。

そんな時は、本機のエフェクトループにそういった使用頻度の低いエフェクターたちをまとめて接続し、ON/OFFを統合することで、複数のエフェクターを介する事による音質劣化を回避できます。

さらに、この ” X-Blender ” はただ単に音を混ぜるだけではありません。

X-Blender本器の中心にある 大きいツマミ(大きすぎてツマミって言っていいかわからないけど)を操作する事で ”原音” と ”エフェクト音”の混ぜる配分をコントロール出来るんです!

このツマミはデカイが故に演奏中に足での操作も可能にしています!

右に回すほど ”エフェクト音” の成分が多くなる様になっていて、組み合わせるエフェクターの癖に合わせて原音をしっかり残したまま”エフェクト音”とミックスできる!

これによって音が細くなってしまうことなく歪みすぎることもないのです~。

結構派手に歪ませたとしてもブレンドを原音重視にすれば、楽器本来の音の奥に歪成分が聞こえるって言うような音作りも可能です!

歪系のエフェクターだけでなく ”コンプ” や ”コーラス” でも同じような効果を得る事が出来ます。こちらも派手にかけてもブレンドを絞り気味の設定にすればキャラクターを最大限生かしつつ悪影響は最小限って感じの使用も可能です!

音痩せ防止だけじゃない!その他の機能

この” X-Blender ” はブレンド機能だけじゃなく、ブレンドした音を2BAND EQ (Bass/Treble)による補正が可能な他、+6dBのブーストスイッチを搭載しています。

これによってブースタなどとして利用ができたり、プリアンプ的な使い方も可能になり用途が大きく広がると思います。

最後になんやかんやで一番活躍するスイッチと言っても過言ではない、位相を逆転させる ”EFX PHASE スイッチ”!

これはビンテージペダルなどの位相が逆転する特性があるペダルの使用時に、その逆転した音と原音をミックスする事になってしまうので、その際に使用します。

そもそも位相ってなんなん?って方もいらっしゃるかも知れません。

が・・・!正味、僕もハッキリ解っていません。(笑)

ウィキペディア先生の言うことにゃ

位相(いそう、英語: phase)は、波動などの周期的な現象において、ひとつの周期中の位置を示す無次元量で、通常は角度(単位は「」または「ラジアン」)で表される。

たとえば、時間領域における正弦波

y(t) = A sin(ωt + α)

とすると、(ωt + α) のことを位相と言う。特に t = 0 における位相 α は初期位相と呼ばれる。あるいは単に、この正弦波の位相は α であるということも多い。いずれの定義を採用するにしても、上記の式のA: 振幅、ω: 角周波数、α: 位相の3つのパラメータにより、正弦波は完全に記述される。

んだってさ(笑)

良く解んないけどブレンドした時に違和感があったらこのスイッチを使用しています。

でもこの変化は非常に有用です!その違和感がパシッと消えたりします。良く解んないけど!(笑)

まとめ

Bass今まで多くの方が機材の性能や特性なんかで出音が劣化したり、抜けが悪くなるってのを経験しているんじゃないでしょうか。

機材が数多く繋がれると音を劣化させて行ってしまうってのは、最近ではかなり沢山の方が気にしている事項の様に感じます。

昨今、当たり前に使われているSEND / RETURNの機能をお気に入りのエフェクターに 与えるでけで音質に大きな変化をもたらします。

シリーズとパラレルの接続切り替えも可能で、パラレルモードの際は、2BAND EQや+6DBのブースト機能を活用し様々な用途に適応します。

機材に対して貴方が抱えている悩みをこの” X-Blender ” が解決してくれるかも!

少しでも参考になったなら幸いです!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする