【最強プリアンプ】DARKGLASS Microtubes B7K Ultra【ベースエフェクター】

皆さんこんにちは!お祭りベース野郎りょおです!

ベースの音作りの話をする上で必ずと言っていいほど話題に上がるのがプリアンプですね。

そんなプリアンプの中で、僕が最近導入したプリアンプ・エフェクターDARKGLASS (ダークグラス) / Microtubes B7K Ultraについて書いてみます!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




Darkglass Electronics

Darkglass Electronics LOGO

Darkglass Electronicsってどんなメーカーかって言うと・・・

僕もよく知らないんでHPを覗いてみました(笑)

Darkglass Electronics について

Darkglass Electronics は、2009年に自身もベーシストである “ Douglas Castro ” により創設されたベース用アンプ/エフェクターメーカーです。

彼らの「ベースプレイヤーが求める本当のペダルを作る」という信念のもと、全ての製品はフィンランド国内で製作され、その高いクオリティと直感的で使いやすいフォーマットから世界中のベーシストの絶大な支持を獲得しています。

Darkglass Electronics はフィンランド国内をはじめ、世界の50を超える国と地域のディストリビューターで取り扱われています。

って事で創設者がベーシストって事で、よりプレイヤーに寄り添った製品の作成を可能にしている様です。

この時点でいい感じの製品である事が予想されます!

僕は後から知ったんですけどね・・・チーン

Microtubes B7K Ultraの主な特徴

Master

全体のボリューム調整します。クリーンチャンネルのボリューム微調整にもぴったりです。DI OUTのレベルコントロールにも使えます。

Blend

クリーンチャンネルとディストーションチャンネルの音の混ぜ具合を調整します。右へ回すほど歪み成分が増します。

Level

ディストーションチャンネルのボリュームを設定します。

Drive

ディストーションチャンネルのゲイン調整です。メーカーは「”saturation ‐飽和状態‐”の量を設定」と表現しているので、感覚的に少しずれているかも知れませんが、機能としてはゲインで間違いないと思います。

Attack Switch

ディストーションチャンネルがONになっていると時に作用します。ブーストにセッティングするとプレゼンスが強調されて、ブライトなサウンド。フラットを選択をすれば、もちろん音色に影響なし。カットを選択をすればプレゼンスが減少し、暖かみが出ます。

Grunt Switch

前述のAttack Switch低域の強さバージョン。

Bass

100Hz を中心に ±12dB 調整します。

Lo Mids

すぐ隣のスイッチで250Hz・500Hz・1kHz の中から中心周波数を選択して ±12dB 調整します。

Hi Mids

すぐ隣のスイッチで750Hz・1.5kHz・3kHz の中から中心周波数を選択して ±12dB 調整します。

Treble

5kHz を中心に ±12dB 調整します。

Direct Output

DI機能に利用可能。


歪のキャラクターはメーカー名のままって訳じゃないけれど”モダン”で”ダーク”な印象です。(僕の好みど真ん中!)

Microtubes B7K Ultraは幅広い音作りに対応

音作りに対する高いポテンシャルをご紹介!

他のプリアンプには無い機能!?

ベース用プリアンプには殆どの場合クリーンと歪みを混ぜるブレンド機能が備わっています。

この”MICROTUBES B7K ULTRA”も例外なく搭載された機能です。

しかし!本器はブレンドの他にディストーションチャンネル単体で”Level”と”Drive”の調整が可能になっています。

この3つを調整する事でより細かく、多彩なサウンドキャラクターの設定が可能になっています!

痒い所に手が届くEQ

MIDって他の楽器の帯域にやたらと被るんですよね。

そんな中でここまで細かく調整できるのはアンサンブルにおいて非常にありがたいです!

この細かさは、確かに痒い所に手が届いてます!(笑)

一つ二役!

フットスイッチが”BYPASS”と”DISTORTION”の2つあり、プリアンプ単体としての利用が出来たり、歪みペダルとして利用できたりとまさに一人二役。

これだけの機能がクリーンと歪みのチャンネル別々に調整できるのに”DISTORTION”をONにして歪みサウンドをブレンドしてもプリアンプとしての機能が残り続けるのもポイント高いですね!

もし”DISTORTION”単体でのON/OFFが不要な場合は本器の原型ともいえる”Microtubes B7K”↓を参考にすると良いかもしれません。

Microtubes B7K Ultraのその他のポイント

個人的に良いなと思った点が本体裏側の”ゴム足”です。

新品を購入すると”ゴム足”が貼られていない状態で箱に収まっていて、好みに応じて貼り付けられます!

機材をエフェクターボードに組み込もうとした際に、”ゴム足”が邪魔でうまくマジックテープが機能しない!固定できない!って体験をされた方も少なくないと思います。

初期段階でゴム足が付いていない事でエフェクターボードにマジックテープでガッチリ固定できます。

そういった地味で有りそうで無かった気遣いがすごく良いと思いました!

またプリアンプ・DIについての説明は下記リンク先で説明してますので参考までに~。

超ド定番プリアンプ”Tech21 SansAmp Bass Driver DI”がver.2としてバージョンアップ!これにより従来機にはなかった機能が搭載されました。そんな新しくなった”BASS DRIVER DI V2”についてお話しします!

Microtubes B7K Ultraの評価・まとめ

こんなに繊細に音作りが出来て、かつそこから生まれるクオリティーの高い音はきっとあなたの強い力になってくれるはずです。

汎用性が非常に高く、”かなり使えるプリアンプ”です。

価格は5万円前後とベース用ペダル型プリアンプとしては、高級機と言えるかもしれません。

しかし!値段相応・・・いやそれ以上のサウンドだと思います!

この機会にぜひご検討いただけたらと思います(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする