おすすめのギター・ベースケース。ギグバック / MONO M80 Vertigo!

今回はギグバック “MONOケースM80シリーズ” の “Vertigo” です。

たかがギグバックといえど、大切な愛器を持ち運ぶと言う重大な任務を帯びた入れ物なもんで、どれを購入すべきかお悩みの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

僕も購入したベースに付属のケースがハードケースであった為、普段持ち運ぶには非常に重たく不便・・・

そこからギグバック探しの旅が始まりました(笑)

ネットで調べても楽器屋さんで探しても、たくさんの種類がありどれを購入してよいやら・・・。

そんな中、とある楽器屋さんで手に取ったこのギグバックを気に入って速攻で買っちゃいました!(笑)

2か月ほど使用して感じたことを書いていきます!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




耐久性・機能性に優れたケース

まずは高い耐久性!手に取ればすぐにわかりますが、かなりしっかりした作りをしています。

ちょっとやそっとの衝撃では形を変形させるのも難しいでしょう。

外装には耐水性がある為、急な雨に降られても安心です。

内側はとてもふわふわした優しい手触りの素材が使われていて、ラッカー塗装がされたデリケートな楽器などでも痛めずに収納できます。

チャックの形

独特の指の形にフィットした形状で開けやすい。

開閉がスムーズになりとても楽になります。

ネックピロー

楽器のヘッドとケースを接触しない様に設計されていて、チューニングが最大限狂わない様になっております。

ヘッドに接触しないと言うことは負荷の掛からない浮いた状態と言うことで、ヘッドやネックへのダメージとなる衝撃からも守ってくれます。

接地面はより強固

接地面となる底面はスポーツシューズのソールの様なゴム素材で覆われています。

非常にグリップ力が高く、滑って倒れてしまう事が無い為、より安定して置けます。

さらにケース内側の底にはストラップピンのための窪みがあり、荷重が集中してしまわない様になっています。(僕のベースはピンが中心に無いため意味を成していませんが・・・(涙))

ファスナーの配置

出し入れする際には従来のギグバックとは一風変わっていて、横からガバッとあける必要はなく、写真のように上部から差し込むように行います。

寝かせてバックを開け閉めできない狭い環境でも本体を立てたまま無理なく安全に出し入れできます。

これが地味に便利!

堅牢なのに超軽量

どんなに頑丈でしっかり楽器を守ってくれても重いのでは持ち運びにストレスがかかります。

このギグバックは丈夫である上に軽くて薄い!

電車の移動でも最大限ストレスを和らげてくれるはず!

またチェストベルトが付いていて背負った際にサポートしてくれます。

Guitar Tick(別売り)の使用で収納力アップ!

こちらのギグケースは非常におしゃれではあるものの、小物等の収納能力はそこまで高くありません。

確かにシールド類や薄型ノートPC・雑誌などを入れる分には前面のポケットで十分足ります。

そこに加えてペダル型のチューナーぐらいは余裕で入るので、アンプ直挿しのベーシストなどギグケース自体に多くの収納を求めない方には全く問題ないと思います。

しかし、僕のように “複数のエフェクターを使うけどギグバック1個に収めたい” なんてお思いの方や “メンテ用品などの小物を沢山収納したい” とお考えの方には物足りないんじゃないかと思います。

更に僕はエフェクターの他に衣装なども一個にまとめたいので備え付けのポケットでは足りなくなってしまいます・・・

そんな収納が不十分と感じる僕らの為に、別売りで “Guitar Tick” と言う小物ケースを取り付ける事が出来ます。

ギグケース本体にガッチリ固定できる上に通常のポケットタイプの収納では考えられないほどの大容量!

取り外しが出来る大容量ポケットと考えればこんなに便利な物はないと思います(笑)

内側には細かなものを入れるファスナー付きメッシュポケットやボールペンなどもきれいに収納できるポケットもあります!

まとめ

欲を言うなら前面にも持ち手があると非常に便利だったなとは思います。

意外と使うんです(笑)

それ以外は特に文句のつけようが無いと思います!

こんなにコンパクトで軽く堅牢なギグバックは他には無いと思います。

余談

メーカのHPには

クリップ-タック・ストラップの様なスマートなアタッチメントが航空機に持ち込む際などの煩わしさを解消し、また、流線型のデザインが人混みの中でもスタイリッシュな移動を演出します。Go Play!

と記載されていますが、こちらの文言はあくまで飛行機内に持ち込む際の煩わしさを解消すると言う物で、預け入れの手荷物にしても問題無いと言う文言ではないのでご注意ください。

(楽器屋の店員さんが「こちらの商品は飛行機の預け入れの手荷物にしても耐えられると謳っています」と言っていたので念のため書きました)

確かにタグにGo Play!と飛行機のマークつきで書いてあったらそう思うのも無理はないと思いますが(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする