ATELIER Z Beta4

みなさんこんにちは!

ダイナマイトりょおくんです~

今回は僕が所有している ”ATELIER Z Beta4” をご紹介します!

かなり見た目は市販されているものと違うと思いますが・・・↓

こちらはSadowskyの5弦ベースが20フレットしか無い事、4弦ベースが欲しかったことからノリで購入しました。(笑)

Sadowskyの5弦ベースはこちら↓

みなさんこんちゃ〜 ダイナマイトりょおくんです〜 今回は僕が使用している ”Sadowsky Metroline” の5弦ベースをご紹介...

MIDのEQも付いていて、その時の好みど真ん中!

そんな衝動に任せて購入した一本をご紹介します。(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




ATELIER Z

やっぱりメーカーさんに付いては疎いのでウィキ先生に聞いた・・・

デイズコーポレーションは日本のギターメーカー。代表的なブランドとして「アトリエZ(ATELIER Z)」がある。主力製品はエレクトリックベース。

概要
1989年に以前神奈川県藤沢市にあった青木楽器BOWのギタービルダー菊池嘉幸と元フェルナンデスの本橋弘吉が共同でアトリエZの母体となるDAY’S CORPORATIONを設立、1992年にはアトリエZのブランドホルダーとして正式に商標登録してスタートさせる。以来、青木智仁をはじめ石川俊介(N/Y Funk shot!!・元聖飢魔II)、日野賢二、斎藤宏介など様々なミュージシャンが使用していることでも知られる。
また、オーダーメイドも行っている。代表取締役は本橋弘吉。

Wikipediaより

ってことで、ATELIER Zさん自体が会社ではなくデイズコーポレーションさんの中のブランドだってことでした。

数多くの著名なミュージシャンが使用していて、無知な僕でも知ってる青木智仁さんや日野 JINO 賢二さん、KenKenさん。BABYMETALの神バンドでおなじみBOHさんなどなど名だたる面々です。

これも素晴らしい楽器作りをされているからこそでしょう!

愛称

愛称は「バン」ちゃん

ヘッドについている梵字シールも「バン」と読みます。

梵字が好きで良く楽器に貼り付けてました(笑)

なんかかっこよくなるじゃん?

中二病どんとこーい!(笑)

愛称はシール貼ってから決まったりするって言うね。

スペックとコントロール類

詳細は以下の通り!

  • Body : 2ピースアッシュ
  • Neck : メープル1ピース・34インチ
  • Fingerboard : メープル24フレット
  • Pickups : ATELIER Z JBZ-4
  • Preamp : ATELIER Z EQ-XII
  • Contorol : フロントボリューム/リアボリューム・アクティブ-パッシブ切り替えスイッチ/MID/Treble・Bass
  • Tuner : GOTOH GB-30
  • Bridge : ATELIER Z BB419

しっかりとATELIER Zの説明書が丁寧に付属しているので詳しく説明できました(笑)

2ボリュームであること以外は全く文句なし!

ATELIER Z EQ-XII特有の歯切れとパンチのあるサウンドがキャラの濃さを演出します。

1発音出すだけでアトリエってわかる音ですね!

透明なピックガードを生かしてオリジナルデザイン

そのままでも十分かっこよかったんだけど、せっかくピックガード透明だしってんで妹ちゃんにデザイン・作成してもらいました!

オーダー通りの美しい柄なんさ!

和テイストを入れつつ、エスニックな感じもしつつ、ゴチャゴチャしていながら美しい!

すばら!

小さなボディーで取り回しがいい!

構えてみると分かるんですが、他のベースに比べてボディーが一回りくらい小さく感じます。

24フレットでカッタウェイが深く入ってるせいかもしれません。

このおかげで体の小さめな日本人でもかっこよく見えたりするカモしれないですね。

まとめ

さすがは国内最高峰!素晴らしい仕事ぶりです。

スラッパーにはたまらないサウンドですね!

また僕としてはユーザー登録をすると挨拶とともに登録完了の連絡がしっかり届いたこと。

国内メーカーだからこその気配りでは無いでしょうか?

他にもあるのかな?

何にせよ是非このバッキバキのサウンドをお試しください。そんでピックガードに好みのデザイン画を挟みましょう!(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする