ゴリゴリのDjent ベーシスト Adam Nolly Getgood

みなさんこんにちは!

お祭りベース野郎、ダイナマイトりょお君です!

今回はベーシスト紹介第二弾!

Adam Nolly Getgoodです!

第一弾のWojtek Pilichowskiと同じく僕の音作りに非常に大きな影響を与えてくれたベーシストです!

第一弾はこちら↓

みなさんこんにちは! お祭りベース野郎・ダイナマイトりょお君です。 今回は僕が溺愛してやまないベーシスト・・・ Wojtek Pi...

彼の攻撃的なベースサウンドは一度聞いてすぐに虜になりました(笑)

ではご紹介いたしましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




Periphery(ペリフェリー)のベーシスト

Djent Metal Band / Periphery(ペリフェリー)のベーシストでありプロデューサーでもあります!

彼らの動画を漁っているとレコーディング風景などが出ておりますが、その際にプロデューサーである一面を確認できます。

Periphery(ペリフェリー)は複雑なリフをふんだんに使うDjent Metalです〜

そもそもこのDjentって言葉を浸透させたのも彼ら自身!まさかの仕掛け人なんだよね(笑)

もう、みなさん、スッゴイ超絶テクニック・・・

半端ないかっこいいからちょっと聞いてよ(笑)

スーパーかっこいいでしょ!

シャウトとか激しい音楽が苦手な人は好みではないのかな?

それでもこの技術力の高さはお分り頂けるはず!

Djent

馴染みのない方も多いんじゃないかと思います。

Djent(ジェント)ってのはメタルの中のジャンルみたいなもの(ジャンルじゃないんかーい(笑))

詳しくは以下の記事で触れていますので是非チェックしてください!

Metal自体もRockの中に含む事が出来たりして、もはや何が何だかわかりません。でも、この世にはDjentってものが確かに存在しています。何やかんやで僕もこのDjentってジャンルの存在を認識したのはつい1ヶ月ほど前・・・(笑)そんなビギナーな僕が紹介いたします〜

音がマジでかっこいい!

Djentはベースの音抜けを意識しない音楽なので、バンドサウンドではなかなか感じ取りづらいかもしれません。

それではベースの音作りを実感しづらいと思いますが、こちらの動画なら分りやすく成っています!↓

かっこよくね!?(笑)

ドンシャリが気持ちい!

歪みが心地よい!

この音を作る上で一番の近道になるんじゃないかと思われるのが、

DARKGLASS ‐ Microtubes B7K!

こちらは本人が使用しているモデルでもあります。

動画でも紹介しているので見てみましょう!だいたい4:40あたりから紹介しています。

ちなみに、この上位モデルである、DARKGLASS ‐ Microtubes B7K Ultraはクリーンチャンネルが増えていて音作りの幅が広がったものです。

詳細はこちらで!↓

ベースの音作りの話をする上で必ず話題に上がるのがプリアンプですね。そんなプリアンプの中で、僕が最近導入したプリアンプ・エフェクターDARKGLASS (ダークグラス) / Microtubes B7K Ultraについて書いてみます!

もし気に入ったら試してみて下さい!

Nollyの音作りを目指さない場合でもこの上質な音は役に立つはず。

おすすめ動画!

Nollyのベースのヘッドから手元を撮影した動画です。

この角度からのベース演奏動画を見るのが個人的にめちゃめちゃ好きなんですよね(笑)

音もしっかりベースを押し出しているのでかなり見やすく成っていると思います!

荒々しいサウンドにも関わらず繊細な手の動きが非常によくわかりますね〜

まとめ

僕はピックを使っての演奏はしないので彼のプレイスタイルを目指す事は出来ませんが、音は少しでも彼のようながっつり歪んでいる様に聞こえるのに音像が綺麗なサウンドを見習っていきたいです!

紹介した動画以外にも素晴らしい動画が上がっているんで是非関連動画も見てみてください〜

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする