オススメのベース弦 / ELIXIR ( エリクサー )

みなさまこんにちわ!

ダイナマイトりょお君です〜

今回は僕が使用しているベース弦について紹介いたします。

僕の使用するベース弦はコーティング弦の代表格!

ELIXIR(エリクサー)です。

今まで色々なベース弦を少なからず試してきた中でこの弦を使ってから他の弦に乗り換える事なく5年ほど使用しています!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コーティンング弦とは?

コーティング弦とは読んで字のまま!通常の弦に特殊コーティングを施してロングライフ(長寿命)を実現した弦のことです!

GOREっていう会社が出している”エリクサー”はコーティング弦の始まりの製品

今ではコーティング弦を使用していると言えば「エリクサー?」って聞かれるくらい一般的。

メリット

コーティング弦のメリットと言えば、言わずもがな!長持ち!

本来鉄の部分がむき出しであるギターやベースの弦は錆には勝てません・・・

しかし!コーティング加工をすることで、空気中の水分・汗などが弦に直接触れる事が無いので錆びにくく、ロングライフを実現しています!

実質弦が死なないので、ハードに使用しても弦交換の頻度が少なくて済みます。

もう一つは人によってメリットと捉えることもあれば、デメリットと捉える事もあるかと思いますが、フィンガリングノイズが出にくくなっています。

巻き弦の隙間にコーティング剤が入り込んで、凸凹が浅くなっているため、指がこすれて出る音が軽減されます。

あの音を演奏の一つとして利用する場合は発音しにくくなってしまいます。反対に意図しないフィンガリングノイズが発生しないため意図的に利用しない場合は重宝します!

さらにはその凹凸の浅さから非常に滑らかな指触りになっています。

これスライドがめっちゃ気持ちいんですよね、指痛くなくて必要以上にスライドしますね(笑)

デメリット

いいとこばっかならみんな使うっちゅうねん!

って事で念のためデメリットも・・・

  • 通常の弦に比べると音抜けが悪い。
  • ノイズが乗りやすい。
  • 値段が通常弦の1.5〜2倍程で高い!

僕は値段以外のデメリットを実感した事ないのですが、他のベーシストに話を聞くと以上の三つをデメリットと考える人が多いように感じます。

まず一つ目のデメリットについては、コーティングされているが故に、張りたてから若干曇っている音なんだそうです。(そんなん分かんねーよ)

二つ目のデメリットは、鉄の部分がむき出しになっていない分、アースの役割が薄れる為に起こるらしいです。(なに張ってもノイズ乗るときゃ乗るだろ)

三つ目のデメリットについては「値下げしてください」としか言えないです。その分長持ちするんで張り替える頻度考えればむしろ安上がりなんですけどネー(`・ω・´)

その他のコーティング弦

僕が試したものだけですが紹介いたします。

現在この他にもコーティング弦はたくさん種類があるので探してみるのも良いかもしれません。

D’Addario(ダダリオ)


D’Addario ダダリオ ベース弦 EXPコーティング Long Scale .045-.105 EXP165 【国内正規品】

ERNIE BALL(アーニーボール)


【国内正規輸入品】ERNIE BALL アーニ―ボール エレキベース弦 3834 COATED SUPER SLINKY BASS コーテッド・スーパー・スリンキー・ベース

複数の種類から選ぶ

通常の弦と同様に弦そのものの素材で好みのものをチョイスできます!

ニッケル

僕も使用している弦です。

コーティング弦なのに通常の弦と変わらないブライトな音が売り!

非常に好みの演奏性とサウンドです!ぜひ試して頂きたい!


Elixir エリクサー ベース弦 NANOWEB ニッケル Long Scale Light/Medium .045-.105 14077 【国内正規品】

五弦ベースや6弦ベースを使用する際はそのぶんの弦を一本ずつ買い足す感じになって居ます。

好みに合わせてゲージを個別に調節できるのは良いですね!

ステンレス

こちらはニッケルと違い五弦は五弦用のセット、四弦は四弦用のセットって感じに分かれているので注意してください!

比較的派手なサウンドキャラクターを持て居ます。

ニッケルに比べて若干中域が薄いかなーっていう程度の感覚はあります。


Elixir エリクサー ベース弦 NANOWEB ステンレス Long Scale 5弦 Light .045-.130 14777 【国内正規品】


Elixir エリクサー ベース弦 NANOWEB ステンレス Long Scale Medium .050-.105 14702 【国内正規品】

まとめ

好みの弦が見つかるまで色々な弦を試すしかない中で、この価格というのは手が出しづらいかも知れませんが、試してみる価値は十二分にあると考えます!

今ご使用になっている弦に満足できて居ないなら、ぜひ試してみてください。

もしかしたら手放せないベース弦が見つかるかも知れませんよ!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする